Friday, March 10, 2006

 

本名・杉山泰道。

本名・杉山泰道。右翼の大物・杉山茂丸の子として生まれ、はじめ農園経営に従事。僧侶、新聞記者などを経て、作家に。死の前年に書かれた大作『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇味と幻想性の色濃い作風で日本文学にユニークな地歩を占める。

Comments: Post a Comment



<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?